ただいま!

まずは言いたい。

ただいまーーーーーーーーーーーー!

 

声を大にして。 長い旅だった。

7年!

ブログというブログ、フェイスブック、

などなど世の中に自分の思いを伝えることに「恥ずかしい」と感じだしたのは

28歳、初めて子供を出産したころのこと。長男は7歳になった。

それまで物好きの自分は、割とブログやmixi(懐かしい)

などで自分のあまり内容のない文章をつらつらと書いて発信することが好きで、

毎日趣味のように書いてはアップしていた。ふふふ、と思いながら。

へへへ、とも思いながら。してやったり、とも思った。

笑わせたいと思っていた、心から。世の中の人を笑いの渦に巻き込んでやりたい、と

強い意志があった。そして若さも。

 

20歳ぐらいから28歳ぐらいまでは、まだフェイスブックを使ってる人も少なく、

ただ日々の報告的な感じで、消極的にブログやmixiを使う人が多かった。

私は日々の報告というよりは、滑稽な日々のネタを探っては、ほれ!と文章に乗せて届ける道化師だった。

 

若き頃の私!恥ずかしすぎる!

そして、ブログ思春期が訪れた!

 

それは突然やってきた。

 

多分インスタグラムやfacebookで世の中の全ての人が一斉に発信し始めた頃だと思う。

お互いにいいねをしたり、コメントを返しあったりしているのを見ていると、

なんだか置いてきぼりにされた感覚と、つまらない文章を書いて無視されることが怖いという感覚、

試されてる感覚などが湧いて着て、急にブログを書くのがストレスになってきた。

そう、私は意識をし始めた。

面白くない私!怖すぎ。恥ずかしすぎ。面白ぶってるのとか恥ずかしすぎ。

そんな時間あったら子育てしよう、そうしよう。仕事をしよう、そうだそうだ。

仕事だ、稼ごう。金を稼げ!子を育てろ!金!子供!金!子供!

私の脳にいる小人たちが叫んだ。

 

そういうわけ。

帰って着た私が何かグレードアップしているかというと、逆にグレードダウンしている

ぐらいで、自分の自意識との戦いから傷だらけになって生き残っているだけなので

ボロボロなのだが、誰かに思いを届けたいという気持ち悪い思いが高ぶって、

また迷惑なブログを初めているわけである。誰か、思いを拾ってくれ!と小人も叫んでいる。

炎上とか、批判とかとても怖い世の中で、批判を恐れずに自分の気持ちをいう強い心は

ないのだが、炎上するほど有名なのはむしろすごいわけで、アクセス数=家族の総人数(

ものすごい謙遜してますけど)なら炎上じゃなく傷の舐め合いになる恐れがあるため、

それはそれで、虚しいなあなんて思う消極的な自分がいる。

こういう感じで、あまり意味のない空虚な文章を書く私を受け入れてくれる

暇なあなたに感謝して。

かしこ。

 

 

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す